沖縄チョコレート3種セット (30g 各1袋)
5ca2d887d18c934ded90405a 5ca2d887d18c934ded90405a 5ca2d887d18c934ded90405a 5ca2d887d18c934ded90405a

沖縄チョコレート3種セット (30g 各1袋)

¥1,620 税込

送料についてはこちら

OKINAWA CACAO FACTORYで製造しているチョコレート3種(カラキ、シークヮーサー、月桃)をまとめたセットです。 【チョコレートの紹介】 カラキ (沖縄シナモン) ニッケイ(シナモン)の一種であるオキナワニッケイは、沖縄本島北部・山原(やんばる)に自生し、昔から葉はお茶に、幹や根はお菓子や泡盛漬けとして親しまれてきました。 クスノキ科の大木で、昔は道で見かけると葉をとり樹皮を剥ぎ、おやつ代わりにかじりながら登下校したと、山原のおじぃおばぁは昔話を語ってくれます。 年月と共に資源量が減りましたが、近年農地への植替えを行い、山原の特産物として注目されている。シナモンの効能として、血流促進、毛細血管の修復などがあると言われており、カラキは北風が強く吹く沖縄の冬に体を温める飲み物として、暑い夏は代謝を活性化させ夏バテ予防として、生活と共にあります。この地の方々が年中明るく元気なのは、カラキを日々取り入れているからでしょうか! 原材料 カカオマメ(ガーナ産)、サトウキビ糖(沖縄・奄美産)、カカオバター、カラキ葉(大宜味村産) シークヮーサー 八月から収穫が始まる酸味の強い青切り、季節の移ろいと共に徐々に実が丸く大きくなり、味は角が取れ香りが増し、ジュース用となります。年末頃には黄色く熟し、フルーツとしても食べられる。熟度に応じて楽しみかたを変えられるシークヮーサーはビタミン豊富、生活習慣病予防にも良いとされるノビレチンを柑橘類で最も多く含まれています。 山原の森の中、農薬を使用せず大切にシークヮーサーを育てる眞謝さんは、地産地消を楽しめるカフェ「がじまんろー」を切り盛りしています。畑で採ったシークヮーサーを使った飲み物やジャムが美味しく、ホットシークヮーサーは寒い冬の定番。心から体を温めてくれる。健康長寿はシークヮーサーと共にあるのだと感じる瞬間ですね。 原材料 カカオマメ(ガーナ産)、サトウキビ糖(沖縄・奄美産)、カカオバター、シークヮーサー(大宜味村産) 月桃 ショウガ科の植物で沖縄ではよく見られ、サンニンと呼ばれています。独特な香りのある葉には抗菌作用があり、お餅を包み蒸し上げるムーチーとして沖縄で親しまれています。最近ではポリフェノールが赤ワインの30倍以上含まれミネラルも豊富であるため、アンチエイジングへの期待も高い。9月頃には実が赤く熟し始め、煎じて食せば健胃整腸の効果があると言われています。 チョコレートに使用する月桃は、カカオ畑に自生するものを使用しています。きれいな葉を摘み、熟した実を採り、乾燥・粉末にしたものをカカオマメと一緒にメランジングし月桃の香りと効能を引き出しました。カカオと月桃の効果で、心にも体にも優しい沖縄のチョコレートです。 原材料 カカオマメ(ガーナ産)、サトウキビ糖(沖縄・奄美産)、カカオバター、月桃葉・種(大宜味村産) 製造所 OKINAWA CACAO FACTORY (沖縄県国頭郡国頭村浜521) 生産者と直接つながり、原材料を直接仕入れ、加工し、沖縄の風味を引き出すことを心がけ、丁寧に手作りをしているチョコレートです。